9年勤めた会社を辞めた理由【Webデザイナー】

退職・転職
スポンサーリンク

9年勤めた会社を辞めた理由【Webデザイナー】

私は今年の7月に9年働いていた会社を辞めました。
インハウスWEBデザイナーの正社員で、福利厚生もよくボーナスも3回でたくさん貰っていたのですが

…何故辞めたかと言うのを以下まとめてみたいと思います。

1、急に仕事が入るとお盆正月でも出勤

辞める理由の一つが不規則な出勤時間。
今までは休日出勤もありほんとに大変でした。定時は早いんですが、急に仕事が出来ると日曜日でも正月でも出勤していました。

なので、お爺ちゃんが亡くなった日も行けず…告別式だけ悲しい。

2、母親が不治の難病に

実家の母が難病にかかってしまったと言うのが一番の決め手でした。

母親の病気は膠原病からくる「間質性肺炎」でした。
間質性肺炎とは、肺が少しずつ硬化し呼吸が難しくなる病気です。

本当にショックで辛かったです。
ずっと元気でいた母が病気になったのを隠していました。私に心配をかけまいと。

母は50代のちょうど半ば。
あと、何年、何回会えるだろうと考える毎日を過ごしました。
私はその頃1年に一度しか実家に帰っていなかったのです。親孝行なに一つしていない、旅行にも最近は行かなくなっていました。

母の病気を知って一年半、私は退職届を出す決意をしたのです。

決断をするのに長くかかってしまいましたが、やっと帰って母と他愛も無い話がまた出来ると思うと嬉しさでいっぱいでした。

3、今までやってきた仕事を全部貰えた

なんと、退職願を叩き出した日に私は社長室で、社長に交渉しました。

「仕事を全部欲しい」と(直球)

社長はかなり驚いていましたが
仕事が全部貰えました!

在宅でやってイイよー!とおっしゃっていただきました。

そんなわけで、実家に帰ってもお金を稼ぐことができるように。
(実家から勤めてた会社まで2時間半あり、中々行けないので電話でホームページ更新したり、データだけ送ったりしています。楽チン。)

あと退職金も、貰えないと思っていたんですが意外とたくさん貰えてしばらくは生きて行けそうでした。

そんな感じで、アラサーWebデザイナーが会社を辞めた理由でした。

会社の人はみんな良い人ばかりで
娘のようだったと言われたり
辞めるのに後悔もあったんですが、たまに電話もしてくれるので離れていても寂しく無いです。

次回、またり新しい人生へ転職編につづく

コメント